マッカーサーが感動した昭和天皇に見た日本の武士道~大東亜戦争の真実

マッカーサーと昭和天皇との会見で、昭和天皇が一身を捨て、国民を助けようとする覚悟に、マッカーサーが感動した内容です。

【解説】
マッカーサーと昭和天皇との会見にて、昭和天皇はマッカーサーに伝えた。

昭和天皇「敗戦に至った戦争の、いろいろな責任が追求されているが、責任はすべて私にある。
文武百官は、私の任命する所だから、彼らには責任がない。私の一身はどうなろうと構わない。
私はあなたにお委せする。この上は、どうか国民が生活に困らぬよう、連合国の援助をお願いしたい」

 

終戦直後、天皇と初めて会見したマッカーサーは、天皇が命乞いをするためにやって来たと思っていました。
しかしマッカーサーは、一身を捨てて、国民を助けようとする昭和天皇の覚悟に、魂を大きく揺さぶられたのだった。

マッカーサー「大きな感動が私をゆさぶった。
死をともなうほどの責任、それも私の知りつくしている限り、明らかに天皇に帰すべきでない責任をまでも進んで引き受けようとされた。
この勇気に満ちた態度に、私は私の骨の髄までもゆり動かされた。

私はその瞬間、私の眼前にいる天皇が、一人の人間としても日本における最高の紳士であると思った。」

 

会見時間は15分の予定だったが、35分にも及んだ。
会見が終わったのち、マッカーサーの天皇陛下に対する態度は一変してしまった。

マッカーサーは予定をあえて変更し、昭和天皇がお帰りになるとき、玄関まで直接、出向き、昭和天皇を見送りました。
マッカーサーは昭和天皇に対し、最大の敬意を表したのです。

現代日本が失われつつある、日本古来より育まれた日本の武士道精神。
昭和天皇が我が身をもって、日本の武士道の心を世界に示されたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です