吉田松陰の留魂録②「やむにやまれぬ大和魂」~維新の志士の名言

吉田松陰の弟子たちへ宛てた遺言~留魂録 冒頭の句より
「かくすれば かくなるものと 知りながら 已むに已まれぬ 大和魂」

【現代訳】
「密航が大罪であることは承知している。国家存亡の時だからこそ、止むに止まれぬ大和魂が
私を突き動かしたのだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です